注意欠陥 多動性障害ADHD |八丁堀メンタルクリニック心療内科 精神科

top

注意欠陥 多動性障害(ADHD)

注意欠陥・多動性障害(ADHD)とは?

注意欠陥・多動性障害(ADHD)とは、発達障害の一種で年齢に見合わない不注意さや多動性(好きなこと以外に対する集中力がなく、ほとんど関心や興味を示さない)、衝動性(思いついたことを、よく考えずに即座に行動に移してしまう)によって、職場や家庭での日常生活に支障をきたしてしまう状態をいいます。

本来は子供に良く見られるものですが、近年では大人にも多く見られる症状になっています。

大人の注意欠陥・多動性障害(ADHD)では、注意の持続が困難になったり、細部に注意ができないために仕事や家庭(家事など)でケアレスミスや物忘れが多かったりします。または、約束の時間に遅れたり、約束を忘れたり、締め切りに間に合わないなどの症状もあります。

子供のときに見られた顕著な多動性や衝動性は一見目立たなくなりますが、待たされた時などにイライラして落ち着かなかったり、人の話しを最後まで聞くことができず、さえぎってまで一方的に話しをしたりするような形で現れたりします。

注意欠陥・多動性障害(ADHD)の大人は、本人の人間性や知能などに問題はないのに、社会適応性が悪くなり、人間関係の持続が困難になったりすることが多いので悩むことになりがちです。そのため、自尊心が低下しうつや不安の状態になります。

注意欠陥・多動性障害(ADHD)主な症状について

多動性の場合
  • 一度話し出すとなかなかやめられない
  • 自分のことばかり話してしまう
  • 会議中や勤務時間中に落ち着かない、そわそわする
  • 貧乏ゆすりなど体を動かすクセがやめられない
衝動性の場合
  • 会議や商談の場で不用意な発言をしてしまう
  • よく衝動買いをしてしまう
  • 衝動的に人を傷つけるようなことを言ってしまう
注意不足の場合
  • 仕事に集中できず、締め切りが守れなかったり、最後まで終えられないときがある
  • 外出に時間がかかり約束の時間に遅れることがある

注意欠陥・多動性障害(ADHD)の治療

日常生活への支障を最小限にするため、生活環境や人間関係などを見直すための心理社会的治療と薬物療法を組み合わせて治療を行います。
お薬はノルアドレナリンやドーパミンといった脳内物質の不足を改善する効果があり、それによりADHD特有の症状を抑制する効果が期待されます。

医院概要

八丁堀メンタルクリニック

住所

〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-9-9
八丁堀フロンティアビル4F

電話番号 03-6222-7267

初診につきましては、インターネットまたは電話での予約制となっております。

アクセス

東京メトロ日比谷線
「八丁堀駅」桜川公園方面出口A2出口より徒歩1分
「茅場町駅」1番出口より徒歩7分

JR京葉線
「八丁堀駅」B3出口より徒歩1分

東京メトロ東西線
「茅場町駅」1番出口より徒歩7分

東京メトロ有楽町線
「新富町駅」5番出口より徒歩8分

都営浅草線
「宝町駅」A2出口より徒歩8分

診療時間

診療時間 月 火 水 木 金 土 日
11:30 - 15:00
16:30 - 20:00

土:9時30分~13時00分

休診日:木曜日・日曜日・祝祭日

診療案内
  • うつ病
  • 不眠症
  • パニック障害
  • 社交不安障害
  • 強迫性障害
  • 自律神経失調症
  • 心身症
  • 適応障害
  • 月経前症候群(PMS)
  • 月経前不快気分障害(PMDD)
  • 統合失調症
  • 注意欠陥・多動性障害(ADHD)
ページのトップへ

Copyright © 八丁堀メンタルクリニック All Rights Reserved.