中央区八丁堀 茅場町 越中島 新富町 うつ病 メンタルクリニック

top

うつ病

うつ病とは

ストレスの多い社会において、心と体のバランスを崩し、心身に不調をきたすことはめずらしくありません。

気分がすぐれない状態が一週間以上続いたり、だんだん憂うつになったり、不安、イライラ、眠れない、食欲がない、頭が回らない、焦りが強い、などの症状が伴う場合は単なる気分の問題、いわゆる「気の持ちよう」ではなく、うつ病の可能性があります。

うつ病の原因

うつ病の原因は患者さまによって様々ですが、脳内の神経伝達物質の働きが悪くなるのと同時に、ストレスやからだの病気、環境の変化など、さまざまな要因が重なって発病すると考えられています。

また、幼少期からの外傷体験など心の原因があって発症に至るものもあり、その場合、苦痛の元となっている心の原因を処理して健康的な心の状態に変化させなければ、完治には至りません。
うつ病の精神症状やうつ病の身体症状はご自分ではそれと気がつきにくいため、周囲の人が先に気付き、遅刻が多い、怠けている、仕事をしないなどと誤解される場合があります。

一方、体が疲れて動かない、疲れやすい、能率が下がった、体がついてこないなどのうつ病の症状で、ご自身が自覚する場合も多いようです。
こんなことで相談してよいのだろうかとひとりで悩まず、早めにご相談ください。

うつ病の症状の代表的なもの

  • 集中力、注意力、決断、思考力の低下
  • 自己評価と自信の低下
  • 楽しみの消失
  • 将来に対する悲観的な見え方
  • 睡眠障害
  • 食欲低下
  • 性欲の減退  など

うつ病の治療

現在のうつ病治療は「休養、環境調整」「薬物療法」「精神療法」の3つが中心となります。

まず、治療を始める前に、十分に休養して疲れたこころとからだを十分に休めることが重要です。
そのために職場や学校、家族の協力を得ることも大切です。
そして、薬物療法によってうつ症状の原因となっている脳内アミンのバランスの乱れを調整していきます。
精神療法の中心は認知療法で、これは、患者さまの情緒の障害と密接に関連している認知の歪みを修正して、患者さんが問題を解決できるように支援する治療法です。

うつ病になりやすいタイプとして、真面目で責任感が強く、人あたりもよく、周囲の評価も高い人が多いということがいわれています。
すべてに完璧を求めるのではなく、物事に優先順位をつけてやっていくようにするなど、考え方を変えていくことも重要です。
当院では患者さまのお話をお伺いして、ひとり一人に最適な治療を行っていきます。

医院概要

八丁堀メンタルクリニック

住所

〒104-0032 東京都中央区八丁堀4-9-9
八丁堀フロンティアビル4F

電話番号 03-6222-7267

初診につきましては、インターネットまたは電話での予約制となっております。

アクセス

東京メトロ日比谷線
「八丁堀駅」桜川公園方面出口A2出口より徒歩1分
「茅場町駅」1番出口より徒歩7分

JR京葉線
「八丁堀駅」B3出口より徒歩1分

東京メトロ東西線
「茅場町駅」1番出口より徒歩7分

東京メトロ有楽町線
「新富町駅」5番出口より徒歩8分

都営浅草線
「宝町駅」A2出口より徒歩8分

診療時間

診療時間 月 火 水 木 金 土 日
11:30 - 15:00
16:30 - 20:00

土:9時30分~13時00分

休診日:木曜日・日曜日・祝祭日

診療案内
  • うつ病
  • 不眠症
  • パニック障害
  • 社交不安障害
  • 強迫性障害
  • 自律神経失調症
  • 心身症
  • 適応障害
  • 月経前症候群(PMS)
  • 月経前不快気分障害(PMDD)
  • 統合失調症
  • 注意欠陥・多動性障害(ADHD)
ページのトップへ

Copyright © 八丁堀メンタルクリニック All Rights Reserved.